レオ日記 第107話 ”動物病院”

ホームページの方で2000年から続けていたレオ日記ですが、もう9ヶ月も更新していません。
最近はブログとか便利なツールがたくさんあって、一度それに慣れてしまうと昔のホームページ作成ソフトのめんどくさい作業が進まなくて・・・(なんて、言い訳してみたり)
たまに、「レオ日記、もう書かないんですか?」なんて聞いてくれる数少ない読者の方もいらっしゃるので、そのうち何らかの形で復活させたいと思っています。

今日は、年に一度のワクチン接種の為に、動物病院に行ってきました。
家ネコにも万が一の病気を防ぐ為に、ワクチンを打つんです。しかも、5種混合ワクチン(ネコ伝染性鼻気管炎・カリシウイルス感染症・ネコ汎白血球減少症・ネコ白血病ウイルス感染症・猫クラミジア感染症)という優れもの。
それにしても、レオは病院が大っ嫌いで、本日もガタガタ震えっ放し。肉球は汗でびしょびしょ。
恐怖で抜け毛も増えるのか、常に私にしっかりしがみついていたせいで、黒いワンピースが毛だらけの白いウール状態になってしまいました。
ワクチンのついでに、健康診断として血液検査もしてもらったので、レオは都合2回の注射を打たれてました。
凄いな~と思ったのは、猫の保定袋(暴れないように、頭だけ出して体をすっぽり覆う袋)。
あちこちにファスナーが付いていて、右前足だけ、とか左後ろ足だけ、とか個別に取り出せるようになっているんです。
まあ、2回も注射されたらいくら温厚なレオでも怒るので、袋詰めにして正解だったかもしれない。ちょっと、”シャー”って威嚇してました。

検診の結果はすぐに出て、血液の数値はすべて良好。
体重が増えているのが気になりますが、まあそれはダイエットさせるという事で。
帰宅後はすっかり疲れ果ててしまったらしく、水をごくごく飲んだ後はグウグウ寝てしまいました。
たまにお腹がすいて起きてきても、またすぐグウグウ。
ま、年に1回の事だから、我慢してちょうだいね。

お疲れ様