楽器選び〜ピアノ編〜

ピアノの体験レッスンの際に、「楽器を持っていないのですが・・・」というご相談をいただくことがあります。
楽器は決して安い買い物ではないので、よく調べて納得のいくお買い物をしてもらいたい・・・という訳で、日頃思っている事を少しまとめてみたいと思います。

まず、慌てて値段だけでネットでポチッとしないでください!
「ピアノを始めるにはまず楽器でしょ」と焦って購入してしまうと後で後悔してしまいますよ。
迷われたなら、教室の先生や楽器屋さんに必ず相談してくださいね。

そして、ピアノを習いたいのであれば、買うのは”キーボード”ではありません!
 同じ”鍵盤”を使った楽器ではありますが、色々違います。全然違います。
以下、少し解説してみましょう。

ピアノ選びでまず考えていただきたいのが、アコースティックのピアノです。
いわゆる、グランドピアノかアップライトピアノですね。
本格的に習いたかったり、将来音大志望という方なら特にです。
グランドピアノだったら言うことなしですね。
お値段はおよそ100万円〜数千万円となります。
高価な上に大きく重いので場所も必要なのですが、それだけの価値は十分にあります。
アップライトピアノは40万円〜数百万円ですが、グランドに比べるとコンパクトになります。
鍵盤のタッチ、音の響き、臨場感など、本物のピアノならではの奥深さがあります。(グランドとアップライトでも、タッチや響き、譜面台の位置など違いがあります。)
音(騒音)の問題もありますが、あらかじめサイレント機能が付いたものや、お手持ちのピアノに後付けする事も可能です。
年に1回程度の調律が必要になりますが、買えば一生使える宝物になりますよ。

また、アコースティックピアノは中古も販売されています。
新品よりはお値段もお安くなりますが、信頼の置ける楽器屋さんや調律師さんに相談して状態の良いものを選ぶようにしてください。

最近はハイブリットピアノというものもあり、アコースティックと電子ピアノの利点を合わせた楽器も発売されています。
コンパクトながらタッチや音色は本物のピアノに近く、中には最高級コンサートグランドのサウンドを採用しているものもあり、非常に興味深いです。
価格は40万円〜180万円。

さて、そうは言ってもアコースティックピアノもハイブリットも高いし、場所も取るしという方におすすめなのが電子ピアノです。
電子ピアノの普及によって気軽にピアノを始められる方が増えたのはとても喜ばしい事ですね。
昔に比べて、鍵盤のタッチや音色もアコースティックピアノに近いものが増えたと思います。
価格は6万円〜60万円といったところでしょうか。

ここで気をつけて欲しいのが、まず鍵盤の数です。
必ず88鍵のものを選びましょう。88鍵がフルサイズのピアノの鍵盤数です。
ポーダブルタイプの電子ピアノには少ない鍵盤数のものが多いのですが、ピアノレッスンで使うには早い段階で足りなくなってしまいます。
それから、必ずペダルの付いたものを。付属していない場合はオプションで購入するようにしてください。
ピアノレッスンに通う方が選ぶなら、この辺りが標準装備されていていて、音色のこだわりがあり木製鍵盤を採用した20万円台のものがおすすめでしょうか。
ご購入の際は、できれば試奏して、タッチや音色などを確かめてからお求めになると良いと思います。

コンパクトでお求めやすくて、音量も調整できてといい所ばかりの電子ピアノですが、欠点もあります。
調律がいらないのでメンテナンスはほとんど不要ですが、電子機器なので壊れることがあります。
ある程度の年数が経つと、部品の替えがなくなって修理できなくなってしまう可能性もあります。
ご購入の際はこの辺りの事も考えてお選びくださいね。

余談ですが、キーボードについて。
キーボードは確かに鍵盤楽器なのですが、ピアノとは大きく違います。
タッチも柔らかすぎますし、鍵盤数も音色も違います。
キーボードの練習では指の力が身につかず、強弱の表現や速いパッセージの演奏に対応できません。
(逆にピアノに慣れた人がキーボードで演奏すると、タッチが柔らかすぎてソワソワします(笑)。全く別の楽器なんだなぁって思いますよ。)

いずれにせよ、じっくり考えて、できたら試奏もして、素敵な楽器に出会えることを願っています。
良い楽器との出会いは、その後の音楽生活を楽しく豊かなものにしてくれますよ。