作者アーカイブ |

楽器選び〜フルート編〜

教室に来られる生徒さんには、初心者の方もたくさんいらっしゃいます。
最初は楽器を持っていない方も多く、早く買わなくちゃとソワソワされてしまうのですが、まあまあ落ち着いて。
楽器は決して安い買い物ではないので、よく考えてじっくりと、納得のいくものを選びましょう。
今回は、初心者さん向けに、フルート選びのポイントをまとめてみました。

まず、一番大事な事なのですが、必ず先生か信頼のおける楽器屋さんに相談すること。
そして、できたらあなた自身が試奏して、自分に合った吹き心地であるのか、好きな音色が出ているのかを試してみてください。まだ自分では音がうまく出せない場合でも、先生や楽器屋さんに吹いてもらって音色を確かめるのもいいと思います。
フルートは音色を楽しむ楽器です。
各メーカー、モデルによって音色も吹き心地も異なります。
演奏者自身が満足する音色でなければ、長くフルートを楽しみ続けるのが難しくなってしまうかもしれません。
ぜひお気に入りの楽器を見つけて、愛情を持ってフルートを練習し、一緒に成長していってくださいね。

さて、ここからはフルート選びのポイントをいくつかご紹介しましょう。

◆素材&価格
フルートの素材はいくつかありますが、それによって価格も大きく変わってきます。
メーカーや細かな仕様によって、また金相場の変動でも価格が変わりますので、大まかに。(価格は2021年時点でのおおよそのものです。)
まず一番安いのが洋銀製や白銅製で、銅やニッケルなどの合金でできたものです。9万円前後から購入できます。気軽にフルートを始めたい方はこの辺りを選ぶ方が多いです。
次に来るのが、頭部管が銀で胴部管と足部管が洋銀製。15万〜30万円。吹奏楽などで活動する学生や、初心者の方にも人気があると思います。
菅体が銀で、キイなどのメカニズム部分が洋銀製のものが、20万〜50万円。こちらも学生や音色に拘りたい方に人気。
総銀製が100万円前後。本格的にフルートを楽しみたい方や、プロの演奏者も使用することが多いです。
金製になると9K、14K、18K、24Kと純度が上がるにつれ、200万〜1000万と高額になっていきます。
総プラチナ製もあり、お値段は約1000万。
素材によって音色にも個性が出るので、吹き比べると面白いかもしれません。

◆頭部管
実際に息を吹き込む穴(トーンホール)や唇を乗せるリッププレートは、各メーカーによって微妙にカットや形が異なります。その違いが音色の個性にもつながるので、楽器選びの際に拘りたいポイントでもあります。

◆リングキイ・カバードキイ
指を置くキイに穴が開いているのがリングキイで、フレンチスタイルとも言われます。音の抜けが良く明るい華やかな音色が出ます。音の振動を指先でも感じることができ、リングキイを使った特殊奏法もあります。ただし、穴が塞げないと正しい音が出ないので、初心者や持ち方のできていない人、指の細い人には最初は難しいかも。(シリコンキャップで穴を塞ぐ事もできますが推奨はしません。将来的には外してくださいね。)
カバードキイはジャーマンスタイルとも言い、キイに穴が開いていないものです。安定したしっかりとした音色で、初心者にも扱いやすいです。だからといって初心者用という訳ではなく、プロでも使っている方はいらっしゃいますよ。

◆インラインキイ・オフセットキイ
胴部管のキイが真っ直ぐ並んでいるのがインラインキイ。見た目がきれいですが、持ちにくさを感じる人もいると思います。
左手の薬指と小指のキイが少し出ているのがオフセットキイ。手の小さい方や初心者にも持ちやすい。構造上少し重めで、若干音色が暗く、音の立ち上がりが遅めに感じることもあるようです。

◆Eメカニズム
フルートは元々の構造上、高音のE(ミ)が出し難いのですが、これを出しやすくしたのがEメカ。ただし、楽器が少し重くなったり、一部のトリルキイが使えなくなってしまうデメリットもあります。基本的にはオプションですが、標準装備されてるモデルもあるようです。

◆H足部管
標準的なフルートの最低音はC(ド)ですが、H足部管にする事で1音低いH(シ)の音も出せるようになります。Hが出るだけでなく高音が安定したり、特殊奏法で使えたりといったメリットもあります。でも、長くなるので重くなるし、音が抜けにくく感じるといったデメリットも。オケでたくさん吹きたい方は持っていた方がいいかもしれないですね。オプションなので、お値段はプラスされます。

他にも、高音Fisが出やすくなるFisメカ、菅体が厚めのヘビー管、トーンホールやキイの下の部分がソルダード(ハンダ付け)かドローン(菅体から引き上げ)か、などなど、ほんとに細かいことまでまだまだ色々ありますが、初心者の方はこの辺まで理解していれば良いのではないかと思います。

日本はフルート大国で、世界に誇るラインナップを揃えたメーカーさんがたくさんあります。小さな工房でも、こだわりがたくさん詰まった素晴らしいフルートを作っています。
フルートは決して安いものではありませんが、大切に愛情を持って使えば長く使うことができますよ。
素敵なフルートと出会って末長くフルートを楽しむ方がたくさん増えてくれたら、私もとてもうれしいです。

最後に中古品について。
もし中古でフルートをお買いになりたい場合は、必ず専門の楽器屋さんからメンテナンス済みのものを購入しましょう。
ネットで個人の楽器を出品されている方もいらっしゃいますが、楽器の状態によっては音が出なかったり、修理代金で新品が買えてしまうようなケースもあるようです。
やはり楽器は、現物をチェックして納得して買うのが一番だと思います。

それでは、これからフルートを購入する方に良い出会いがあることを祈ってます。

クッキー&お料理

今日は娘ちゃんがクッキーを焼いてくれました。
濃厚チョコ味で、美味しい。
最近、一人でお料理するのにハマっているようです。
 
実は夏休みの間、子供達と私の3人でお昼ご飯を分担して当番制で作ってました。
毎年、私一人で夏休み中毎日お昼作っていたのが苦行になっていたもので…私一人分ならいくらでも手抜きできるのに…
今回ダメ元で提案してみたら、むしろノリノリで乗ってきました。
レシピも子供達が自分で調べて、私は食材は用意するけど、基本手も口も出さない。
基本一品料理だけど、意外と毎食上手に作ってて、ちゃんと美味しい。
時々、量が少なすぎたり、パスタが伸びちゃってたりしたけど、失敗もいい勉強になったみたい。
 
娘ちゃんがサンドイッチを作った時は、たまたま旦那さんもいる日で作る量も多く、実はサンドイッチは工程がめちゃくちゃある為、完成まで2時間かかってしまってました。
さすがに嫌になったかとハラハラしたけど、「サンドイッチはもう作らないけど、お料理は嫌になってないよ。」との事で安心。
これからもよろしくね。
 

奥多摩

今年の夏はとにかく人混みを避けて、主に東京の山奥まで行って来ました。
 
キャンプに行った日は途中から大雨で、川遊びができずにダムを見物に。
予想より面白かったけど、これ社会科見学じゃん。
 
別日にリベンジで鱒釣りへ。
水量が多くて流れが早く、あまり釣れなかったけど、一人一匹以上は釣れたから満足。
美味しくいただけたので更に満足!
 

娘ちゃんの発表会

やっと写真の整理ができたので、発表会の時の娘ちゃんを。
 
今回、連弾で“クシコス・ポスト”を、ソロで“炎”を演奏しました。
モチベーションを上げる為に自分で選曲させたけど、正直“炎”は挫折すると思ってました。
原曲に沿ったアレンジだったので、長いし、調性は難しいし転調しまくるし、当然借用もいっぱい。リズムも難しい。
譜読みの段階で何度も泣かれたけど、曲の変更には絶対に応じず、頑張ったのは本当に偉い。
お陰で読譜能力がめちゃくちゃ上がった!
何より、音色と表現力が急成長!
やっぱり好きな曲をやらせるとすごいな。
 
本番では、割と頭真っ白になっていたらしくてちょっと事故もあったけど、とてもいい演奏でした。
ステージ裏で感動して、ちょっと泣きそうになってた私。ハラハラもしてたけど。
娘ちゃんは、完璧に弾けなかったのが悔しいようで、いっぱい練習すると言っています。(その気持ちが続くと良いんだけど……)
基本的に、何かに夢中になったり熱くなる事が少ない子なので、今回は色んな意味でいい経験でした。
 

発表会2021

6月6日に教室の発表会を行いました。
 
感染症対策で、今回は午前と午後の二部制に。
昨年は個人か兄弟単位で入れ替え制だったので、それに比べたら半分でも他の方の演奏が聴けたのは良かったです。
 
午前の部は、始めたばっかり&初出演の小さなピアノの子が多く、すごく可愛かった。
お辞儀でテレテレしちゃってるのとか、もう可愛くて!
和やかに終わった午前に比べ、午後はピアノに歌にフルートにと多彩で、とても盛り上がっていました。
出演者やお客さんの多くがこうしたイベント自体久しぶりで、素人さんの発表会でもとても喜んでもらえた印象でした。
今回、コロナの影響もあってフルートの出演者が少なかったので、次回はたくさん出てくれたら嬉しいです。
 
開催に当たっては、出演者とご家族からぜひやって欲しいという要望が多く、では安全に行うにはどうしたら良いかととても悩ましかったです。
今回も共同開催を行ってくださった岡田先生には、お忙しい中2回のWeb会議とLINE攻撃に付き合ってもらい感謝しています。
本番もやることが多すぎて、いつも以上にめちゃくちゃ大変だったしね。
コロナが収まったら飲みに誘おう。
次回は二部制ではなく、全員一緒にできたらいいな。
来年は世の中がもう少し落ち着いていますように。
 

DIYで壁作り

DIYで、子供部屋の間仕切り作りました!
久々の大作です。
我が家には子供部屋が一つしかありません。
家を建てた時にはまだ子供ができる前で、何人欲しいとか全然ノープランで、漠然と「子供は仲良く同じ部屋でいいよね。」と、広めだけど一部屋しか作らなかったのです。
男の子と女の子だし、そろそろお年頃だし、仲はいいけどプライベートも欲しいよねという事で、以前からお願いされていたものを、ようやく重い腰を上げて作ってみました。
作業手順は、リマルテというアジャスターでツーバイフォー材を柱にして、横の下地を組み、石膏ボードをビス留めして廻り縁もつけ、壁紙を貼る。
買い物も含めて4日くらいかかりました。(あ、子供達の荷物整理でプラス1日かかった。特に息子くんの溜め込んだ書類が多い事!)
素人仕事なので反省点は多々あるけど、遠目に見たらなんとかなってる(笑)
何より子供達がめちゃくちゃ喜んでます。
窓近くの壁には、採光と風を通す目的で、棚を兼ねた窓を作りました。
エアコンが片側にしかないので、完全に閉じちゃうと、夏場は暑くて息子くんが熱中症になっちゃう。
ここは後ほど取り外し可能なボードを取り付ける予定だけど、今のところこの窓で仲良くおしゃべりしてるからしばらくいいかな。
出入り口には、ドアを作るつもりでいます。
という訳で、未完成だけどひとまずはここまで。

リングフィット

運動不足にも程があるので、リングフィットアドベンチャー始めました!
今のところ、娘ちゃんの方がいっぱいやってるけど。
でも楽し〜。
ゲーム感覚で運動できちゃし、リングコンだけで結構色んな筋トレできるの、よく考えられてるなぁ。
歳を取ると筋肉が落ちるのもあっという間なので、継続せねば。

学校帰りの息子が、「虹が出てるよ。副虹も見えるよ。」と教えてくれました。
こんなにはっきりの虹は久々です。
良いことがありますように!

楽器選び〜ピアノ編〜

ピアノの体験レッスンの際に、「楽器を持っていないのですが・・・」というご相談をいただくことがあります。
楽器は決して安い買い物ではないので、よく調べて納得のいくお買い物をしてもらいたい・・・という訳で、日頃思っている事を少しまとめてみたいと思います。

まず、慌てて値段だけでネットでポチッとしないでください!
「ピアノを始めるにはまず楽器でしょ」と焦って購入してしまうと後で後悔してしまいますよ。
迷われたなら、教室の先生や楽器屋さんに必ず相談してくださいね。

そして、ピアノを習いたいのであれば、買うのは”キーボード”ではありません!
 同じ”鍵盤”を使った楽器ではありますが、色々違います。全然違います。
以下、少し解説してみましょう。

ピアノ選びでまず考えていただきたいのが、アコースティックのピアノです。
いわゆる、グランドピアノかアップライトピアノですね。
本格的に習いたかったり、将来音大志望という方なら特にです。
グランドピアノだったら言うことなしですね。
お値段はおよそ100万円〜数千万円となります。
高価な上に大きく重いので場所も必要なのですが、それだけの価値は十分にあります。
アップライトピアノは40万円〜数百万円ですが、グランドに比べるとコンパクトになります。
鍵盤のタッチ、音の響き、臨場感など、本物のピアノならではの奥深さがあります。(グランドとアップライトでも、タッチや響き、譜面台の位置など違いがあります。)
音(騒音)の問題もありますが、あらかじめサイレント機能が付いたものや、お手持ちのピアノに後付けする事も可能です。
年に1回程度の調律が必要になりますが、買えば一生使える宝物になりますよ。

また、アコースティックピアノは中古も販売されています。
新品よりはお値段もお安くなりますが、信頼の置ける楽器屋さんや調律師さんに相談して状態の良いものを選ぶようにしてください。

最近はハイブリットピアノというものもあり、アコースティックと電子ピアノの利点を合わせた楽器も発売されています。
コンパクトながらタッチや音色は本物のピアノに近く、中には最高級コンサートグランドのサウンドを採用しているものもあり、非常に興味深いです。
価格は40万円〜180万円。

さて、そうは言ってもアコースティックピアノもハイブリットも高いし、場所も取るしという方におすすめなのが電子ピアノです。
電子ピアノの普及によって気軽にピアノを始められる方が増えたのはとても喜ばしい事ですね。
昔に比べて、鍵盤のタッチや音色もアコースティックピアノに近いものが増えたと思います。
価格は6万円〜60万円といったところでしょうか。

ここで気をつけて欲しいのが、まず鍵盤の数です。
必ず88鍵のものを選びましょう。88鍵がフルサイズのピアノの鍵盤数です。
ポーダブルタイプの電子ピアノには少ない鍵盤数のものが多いのですが、ピアノレッスンで使うには早い段階で足りなくなってしまいます。
それから、必ずペダルの付いたものを。付属していない場合はオプションで購入するようにしてください。
ピアノレッスンに通う方が選ぶなら、この辺りが標準装備されていていて、音色のこだわりがあり木製鍵盤を採用した20万円台のものがおすすめでしょうか。
ご購入の際は、できれば試奏して、タッチや音色などを確かめてからお求めになると良いと思います。

コンパクトでお求めやすくて、音量も調整できてといい所ばかりの電子ピアノですが、欠点もあります。
調律がいらないのでメンテナンスはほとんど不要ですが、電子機器なので壊れることがあります。
ある程度の年数が経つと、部品の替えがなくなって修理できなくなってしまう可能性もあります。
ご購入の際はこの辺りの事も考えてお選びくださいね。

余談ですが、キーボードについて。
キーボードは確かに鍵盤楽器なのですが、ピアノとは大きく違います。
タッチも柔らかすぎますし、鍵盤数も音色も違います。
キーボードの練習では指の力が身につかず、強弱の表現や速いパッセージの演奏に対応できません。
(逆にピアノに慣れた人がキーボードで演奏すると、タッチが柔らかすぎてソワソワします(笑)。全く別の楽器なんだなぁって思いますよ。)

いずれにせよ、じっくり考えて、できたら試奏もして、素敵な楽器に出会えることを願っています。
良い楽器との出会いは、その後の音楽生活を楽しく豊かなものにしてくれますよ。







発表会2020

2020年の発表会、コロナウィルスの影響でいつも通りとは言えませんでしたが、4月4日になんとか開催することができました。
ちょうど外出制限が出る直前の土曜日で、何日も前から、本当に開催できるのか、開催していいのかと迷いに迷っていました。
今回もKOYAMA音楽教室さんとの共同開催で、岡田先生とはギリギリまで相談、調整を行っていましたが、一人じゃないのがこんなに心強く感じたことはなかったです。岡田先生には本当に感謝です!

さて、4月と言えばまだコロナについては分からない事も多く、どこまで行動を制限するべきか本当に悩みました。
今でこそ、ホールに何人まで入れてOKというような指針が出ていますが、この時は全くの手探り状態。
結局、個人または家族単位での完全入れ替え制で、ゲネプロのような形式で行いました。発案者の岡田先生、神です!
演奏者一人で(兄弟の場合は一緒に)まずステージでリハーサルを行い、次に家族のみ客席に入ってもらって本番、終了後次の演奏者と入れ替え・・・といった形です。
他の方の演奏は聴く事ができないので、演奏は全て録画し、後日編集して皆さんにお渡ししました。なので、映像だけ見るといつも通り発表会を行ったみたいです。
もちろん、入れ替え時の換気と消毒も徹底しました。
無事に感染者を出す事もなく終了する事ができてホッとしましたし、何より生徒さんもご家族もみなさんに喜んでもらえたのがとても嬉しかったです。特に進学の都合で教室を卒業される方達にとっては最後の舞台になってしまう訳で、なんとかステージに立ってもらえて感無量でした。

来年どうしようか今とても悩んでいるのですが、みなさんやる気に溢れてどんどん上達しているのでなんとかしてあげたい。
どんな形式でもステージに立つ素晴らしさは格別だし、また楽しんでもらいたいですからね。
頑張りますよ!