ウッドフェンス(1)

久々の庭作業。
本日は、梅雨前から放置状態だったウッドフェンス作りの続きです。

道路に面した部分は、既に業者さんにフェンスを作ってもらってあったのですが、隣家との境界部分に目隠し用のフェンスが欲しいもので。・・・今はお隣のお家の中が丸見えで、庭作業中も目のやり場に困る事が・・・お隣の猫ちゃんが、お庭でモグラハント&なぶり殺しする現場もバッチリ目撃しちゃったし。

基礎のフェンスブロックを埋めて、柱になる角材の塗装をする所までは5月頃にやってあったのですが、その後梅雨に突入。放置。・・・雨続きでの屋外木工作業は(特に塗装が)難しいのです・・・なんて、またもや言い訳。

これが今日の作業前の基礎の状態。もっと深く埋めたかったのですが、お隣のブロック塀の基礎に当たってしまいこれ以上は断念。庭の他の場所からいらない土が移動してくるので、地面がもう少し高くなって基礎ももう少し埋まる予定。

ウッドフェンスの基礎

ウッドフェンスの基礎

あぁっ、雑草が青々と茂っている・・・

気を取り直して、旦那が練ったモルタルを基礎に詰めつつ、柱を垂直に立てます。ここでも水平器が大活躍しました。水平器は、我が家のお役立ちツールNo.1なのです。(2006年現在でね)
今日は5本の柱を立てます。

ところで、作業中にふと気がつくと、庭に置きっぱなしだった板切れの上に、たくさんの虫の糞が落ちていました。
あれ~?と顔を上げてみると、そこには境界を越えて我が家の庭に張り出したお隣の椿の枝が・・・。
うぅ、よく見ると、枝のあちこちにチャドクガの幼虫が!
こやつらは頭を並べて集団で生活する毛虫です。ヒ~。
しかも毒があってとっても危険!
なるべく椿には触れないように、何とか作業継続。下の画像右から3本目の柱付近が、危険地帯です。

ウッドフェンスの支柱

ウッドフェンスの支柱

その後、フェンスの笠木部分の木材を旦那に切り出してもらって終了。
カットした木材は、後日私が塗装する予定。
作業は少しずつしか進んでいませんが、今年中には完成させたいものです。