西武vs.日本ハム

金曜日に、今シーズン最後のホームゲームを観戦してきました。
対戦相手は日ハム。(ピッチャーはダルビッシュじゃなかった。残念)
25年間連続Aクラスだった西武も、今年は遂に4位以下決定。
モチベーションが下がっているかと思いきや、西武側スタンドは混み混みでした。
「なぜ!?」と思ったら、石井貴投手の引退試合でもあったんですね。(知らなかった)
試合は、西武打線が2回に頑張って5点も入れたのですが、結局11対7で負けました。
打たれ過ぎです!
あちこちで「今年の西武は投手がね~」という声を聞きました。まったくです。
頑張っているし、いい成績の選手もいるんですが・・・。
でも、本日土曜日の対オリックス戦では、若手がずいぶん健闘していたようなので、来年に期待しましょう!頑張れ!!

引退セレモニーで挨拶する石井投手

と、謝罪する伊東監督

小さすぎて見分けがつかん(笑)
携帯画像だから仕方ないか。

ところで、こういうセレモニーって初めてだったのですが、けっこう感動的でした。
負けていても、チームを応援する歓声にウルウル。(こういう熱血ものにちょっと弱いワタシ)
石井投手の、たくさんの拍手や熱い声援を受けてマウンドを去って行く姿にも、ちょっとホロリとしました。
涌井投手が泣いているのを見たらこっちも泣けました。(ワタシったら、西武の事なんて今年になって初めて興味を持って応援し始めたばかりだし、今日が引退試合だって事も知らなかったくせに。
旦那曰く「引退試合までさせてもらえる選手は、なかなかいないんだよ」との事。
そうね、才能と実力の世界ですものね。
通用しなくなったらそれまでだもんね。
今いる選手には、精一杯頑張ってもらって、悔いの残らない選手生活を送って欲しいものです。