レオ日記 第99話 ”賀正”

明けましておめでとうございます。って、お正月からは大分経ってしまいましたが、今年もレオ共々どうぞよろしく!
今回の年末年始も、例によってレオを連れて実家に帰省してきました。猫は環境の変化に弱い動物のようですが、実家には何度も連れて行っているので、レオも大分慣れたようです。
ところで今回、実家でのレオは完全に「こたつ猫」になっておりました。
♪~ねこはこたつで丸くなる~♪なんて歌もありますが、こたつの中でのびのびと寝そべって出てこない。1日の内23時間以上を、こたつの中で過ごしていたのではないでしょうか?トイレとご飯の時以外、出てこなかった訳です・・・。
腹の立つ事に、人間が足を入れると「じゃまだ~!」とばかりに引っ掻くし、無理矢理こたつから引き出そうとすると、カーペットやこたつ布団に爪を立てて抵抗する始末。無理矢理引っ張り出すものの、すぐにこたつに逆戻り。こんなに執念深い猫だとは思いませんでした。
こたつの中は常に温かく乾燥しているから、レオのお肌の水分は失われ、毛並みはバサバサ。おまけに常に静電気を帯電してバチバチいうし、毛は逆立ってパンクな猫になっていました。
実家から戻って、やっと本来のつやつやした毛皮に戻りましたが、こんなレオを見てしまうと我が家にもこたつを買うべきか、大いに悩む所であります。

おヒザも好き

おヒザも好き