レオ日記 第88話 ”レオと新聞袋”

前回に引き続き、紙袋のお話。
レオは顔の割に図体がデカイので、普通のデパートの手提げ袋 では小さすぎて、袋の中で身動きがとれなくなってしまう。
レオにちょうど良い紙袋はないかと探してみたら・・・あった!
新聞屋さんがくれる、新聞保存袋。これが大きくてレオが中で 暴れても余裕があるし、何より意外と丈夫なのだ。
これをレオに与えた日から、レオの1番のお気に入りのおもち ゃになってしまった。
今日も新聞袋の前で”にゃ~にゃ~”と甘えた声で遊べと要求 する。
袋の口を広げて入りやすくしてあげると、早速猛ダッシュで中 に飛び込む。そして中から、もっと遊べと”ナ~ナ~”鳴く。
袋の外側を触ってガサガサ音をたてたり、袋の口を閉じてレオ を閉じ込めたりすると、レオはもう大興奮なのだ。
ちょっと荒技で、袋の中にレオを入れたまま、”高い高い”を したりグルグル回してみたら、遊園地ではしゃぐ子供みたいに大 喜びだった。
でもさすがに5kgの猫を振り回すのはしんどい。もうちょっと ダイエットしてくれたら、いくらでも振り回してあげるんだけど ね~・・・。

新聞袋サイコ〜!!

新聞袋サイコ〜!!