レオ日記 第81話 ”プラプラネズミちゃん1号”

レオの新しいお友だちである。
鴨居から吊るせる「プラプラネズミちゃん1号」である。
今までも、この手のタイプのおもちゃはあったのだが、レオの好みを満たすような形状をしていなかったのだ。つまり、手のひらサイズで長いしっぽが付いていてフサフサしている ・・・要するにネズミである・・・。
さてこの「プラプラネズミちゃん1号」の利点は、なんと 言っても人間が何もしなくて良いという事である。
レオはまだまだ若いので、一度遊びはじめるとそれはそれはしつこく、いつまでも遊び続ける事を要求する(その割に疲れるとポテンと寝転がって寝てしまうのだが・・・)「プラプラネズミちゃん1号」なら飽きずにレオの相手をしてくれる。今までのネズミちゃん達と違って紐で繋がっているから、いつの間にか食べちゃっていたなんて事もなさそうだし。
今日もレオは、「プラプラネズミちゃん1号」を相手にパンチの練習に余念がない。鴨居から吊り下がっているので、ちょうど良いサンドバッグになっているようだ。
パンチに飽きると今度は噛み付きの練習だ。なんだかパン食い競争の練習をしているみたいだけど・・・。
まあそんな感じで、しばらく私もラクチンなのだ♪いつかレオに飽きられるまで、頑張れ「プラプラネズミちゃん1号」!!(その前に食べられちゃうかもしれないけど・・・)

猫パンチ特訓中

猫パンチ特訓中