レオ日記 第105話 ”歯みがき”

昨年から、「ねこのきもち」という雑誌を定期購読しています。
猫の習性、健康、色々な角度から猫を分析して読者にお届けする、猫好きにはたまらない雑誌の一つでしょう。
レオを飼うまで犬派で、猫を本格的に飼った事がなかった私(預かった事はあるけど)。しかも、大型犬ばかり飼ってきたので、レオに対する扱いも大雑把で、雑誌を読んで初めて知る知識と言うのもたくさんあるわけです。
そんな知識の一つが「歯みがき」。
はっきり言って、動物の歯を磨くなんていう発想はなかったのですが、動物の歯周病は生死に関わると知り、この度、歯みがき開始となりました。
レオはけっこう暴れん坊なので、この歯みがきでは、嫌がるレオに噛み付かれたり、引っ掻かれたりの流血の惨事になるかと思いきや、意外とすんなり歯みがきをさせるレオ。
多少嫌がるそぶりを見せる時もありますが、シャコシャコと歯ブラシの動くリズムが心地良いのか、大人しいものです。
まあ、内心では「ちっ、また余計な事を始めやがって、このご主人め」とか、「は~あ、もう抵抗するのに疲れちゃったんだよね」とか思っているかも知れませんが・・・。
ちなみに、大人しく歯みがきをさせるのは歯の表側だけ。裏まではやらせてくれない(口を開けてくれない)ので、これは今後の目標ですね。
※猫の歯みがきは、前面だけでも効果ありだそうです。

歯みがきキラ〜イ

歯みがきキラ〜イ