妊娠線予防オイル

妊娠5ヶ月目に入り、つわりもすっかり落ち着きました。
お腹のふくらみもポッコリ程度だったのが、ここ2週間くらいでみるみる大きくなって来た気がします。
まだいいやと思って今までは妊娠前の服を着ていましたが、さすがにジーンズのファスナーが閉まらなくなってしまいました。早くマタニティウェアを買わないと。

お腹が大きくなってくると、どうしても気になるのが妊娠線。
要はお腹の膨らみに皮下組織が付いていけずにひび割れてしまう状態を言うらしく、赤紫の線状斑ができてしまうのです。ヒドい人はお腹だけでなく、おしりや太もも、胸、腕にまでできてしまうケースもあるらしい!しかも、妊娠後も目立たなくはなっても完全には消えないらしいのです。
幸い、今の所まだ妊娠線はできていないのですが、実は妊娠初期に肉割れができてしまいました。
妊娠3週目くらいに、右の骨盤が「はいはい、ちょっと狭いからね、ちょっと広げさせてもらいますよ~。メリメリメリ・・・」という感覚に襲われて、何か痛いな~と思っていたら、その近くの皮膚(体の側面で骨盤の外側)も痛いような痒いようなくすぐったいような、妙な感触になって、気がついたら肉割れてました。
かなり悲しいです。

そんな経験もあったので、かなり早いうちから妊娠線クリームなるものを使い続けていました。
これが、結構お高いのよ!
おまけに、ちょっとニオイが私には合わない。(お店で他の商品のテスターも匂ってみたけど、やっぱりダメ)
私が買ったのは、1瓶で4ヶ月位は使えると書いてあったのですが、なんと1ヶ月で使い切ってしまった。
塗り過ぎなのか?
でも、どこに妊娠線が現れるか分からないので、できたら全身あちこち塗りたくりたいのよ!
あれこれ思案した挙げ句、自分で作ってしまう事にしました。

元々アロマオイルが好きで、いくつか持っていたのですが、妊娠初期は使用を禁止されています。
4ヶ月以降は使えるらしいので、色々調べてオイルを作成してみました。
もちろん、妊娠全期を通じて使えないオイルもあるので、かなり使用は慎重にならないといけません。
今回は、「アロマテラピー&ナチュラルライフ」の記事を参考にしました。
レシピは以下の通り。
ホホバオイル30ml、カレンデュラオイル20ml、(以下はエッセンシャルオイル)マンダリン6滴、ラベンダー2滴、ネロリ2滴
これを遮光ボトルに入れて混ぜるだけ。
お風呂上がりなどに手のひらでオイルを温めて、マッサージします。
これなら香りも良いし、リラックス効果もあって最高!
同じオイルを使い続けると効果も減ってしまうので、1か月経ったらまた別のレシピでオイルを作成します。そういう楽しみも、私には合っているかもしれません。
もちろん、精油は決して安いものではない(数千円から、中には2.5mlで2万円近くするものまである!)のですが、香りの中で生活していると本当に心が安らぎますよ。
自作オイルがどこまで妊娠線に抵抗できるかは分かりませんが、効果を信じて使い続けてみますね。

アロマオイルは癒されます