”展覧会岡本太郎”と”国宝展”

先日息子くんと行った“展覧会岡本太郎”と“国宝展”。
岡本太郎は、元々正直それほど興味はなかったのですが、夏に“TARO MAN”の再放送を見てめちゃくちゃツボにハマりました。
なんだこれは!
シュール過ぎてあんなにぶっ飛んでる番組が、私が生まれるより前に放送されてたなんて。
おかげで展覧会もすごく楽しめました。
息子くんと二人で、「これTARO MANに出てたよね」ってキャッキャしながら観てきました。
最後にガチャポンで、TARO MANと駄々っ子のアクスタをゲットしてご満悦。
国宝展はずっと楽しみにしてて、すぐ完売してしまうチケットを頑張って取りました。
こちらは主に“ビジュチューン”をネタにキャッキャしてきました。
個人的に印象深いのは、洛中洛外図屏風、竜首水瓶、片輪車蒔絵螺鈿手箱、八橋蒔絵螺鈿硯箱、摩耶夫人、遮光器土偶などなど。(最後の二つは重要文化財)
あと、刀剣コーナーの熱量がすごくて、双眼鏡で刀を見てる女子がいっぱいでした。
私はゲームはやってないけど、昔話好きとしては童子切安綱に胸熱に。
どちらの展示も数が多く、見応えあって楽しい1日でした。
この日の歩数、1万3千歩超。
二人とも歩き過ぎて、プルプルしながら帰りました。
 

現在レッスン室に飾られ生徒さんをびっくりさせているタローマンと駄々っ子

「駄々っ子」

「犬の植木鉢」

「午後の日」岡本太郎の墓碑にもなっているそう

「未来を見た」

「疾走する眼」

梵鐘「歓喜」

「河童像」

「金剛力士立像」

「見返り美人」